高血圧の原因の90%は実は原因不明!

高血圧 原因

 

「そもそもなんで高血圧ってなるの?」

 

高血圧の原因というと「食生活が悪い」「仕事のストレスが・・・」「運動不足で」などという言葉がでてきますよね。
しかし、正確には高血圧の90%は原因が分からないと言われています。

 

当ページでは高血圧が

 

  • なぜ原因不明なのか?
  • 原因が分かっていないのになぜ対策ができるのか?
  • 残り10%の高血圧はなんなのか?

 

ということをお話ししています。

 

 

90%は原因不明の「本態性高血圧」

 

高血圧のうち、全体の80〜90%は原因の分からない「本態性高血圧」とされています。

 

高血圧の原因は遺伝や生活習慣、ストレスと言われていますが、実はその90%近くの原因が分かっていないんです。

 

しかし、本態性高血圧ははっきりとした原因が分からない高血圧ですが、
「高血圧になると思われる原因」はいくつか分かっているんです。

 

では、どのようなものが高血圧となる原因なのでしょうか?

 

  • 遺伝
  • 加齢
  • 運動不足
  • 肥満
  • 塩分
  • ストレス
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 性格

 

実はこれだけのものがあるんです。
この中で「遺伝」を除くすべてが「生活習慣」に関係しています。

 

そのため「高血圧は生活習慣病」などともいわれることがあるんですね。

 

 

10%は原因が判明している「二次性高血圧」

 

高血圧の90%は原因が分かっていませんが、残りの10%については原因が分かっている二次性高血圧です。

 

二次性高血圧は、腎臓病やホルモン異常など、何かの病気が引き金になって起きる高血圧。

 

原因が分かっているため、高血圧の元となっている病気を治療すれば高血圧も改善します。

 

高血圧の症状は年齢が高くなるごとに発症率が増えますが、逆に35歳以下で高血圧になる方の25%は二次性高血圧とされているんです。

 

 

 

原因不明の高血圧「本態性高血圧」の対策は?

 

「原因が分からないんじゃ対策できないんじゃないか?!」

 

高血圧の90%は本態性高血圧。
しかし、この本態性高血圧ははっきりした原因が分かっていません。

 

では、対策はできないのでしょうか?

 

確かに、本態性高血圧のように原因は分かっていませんが
高血圧の原因となりうるものがいくつか分かっています。

 

 

 

【本態性高血圧の原因と思われるもの】

 

遺伝

高血圧は遺伝病ではありませんが、遺伝子の中に高血圧を発症しやすい因子があると考えられています。
そのため、両親、兄弟で高血圧の方がいたら要注意。
直接的に遺伝の対策をすることはできませんが、若いうちから血圧に注意し、生活習慣に気を付けることで発症率を減らせます。

 

 

加齢

年齢とともに血管はもろくなり、動脈が固くなってしまう動脈硬化の原因となります。
動脈硬化になると、血圧が高くなり、結果として脳卒中などの原因に。
加齢による動脈硬化を防ぐためにはやはり食事と適度な運動を継続的に行うことでしょう

 

 

運動不足

運動不足は肥満や脂質異常症、血管がかたまる動脈硬化の原因になります。
特に血管壁がつまったり、末梢血管が細く、血流が悪くなることで高血圧の原因になります。
運動不足を解消するためには有酸素運動が重要。
ウォーキングやジョギング、水泳などで全身の新陳代謝を活発にすることが重要です。

 

 

肥満

肥満と高血圧には深い関係があると考えられています。
体重を1kg減らすと、1.5mmHgほどの血圧が下げると言われているんです。
食べすぎや運動不足は肥満の原因になるので、食事制限などで高血圧予防のために節制しましょう。

 

 

塩分

塩分の摂りすぎも高血圧の原因になります。
その理由は血液中の塩分が増えることで、同時に血液内の濃度を一定に保つために水分で薄め、結果的に体全体の血液量が増えてしまうんです。
そのため、血圧も高くなることになります。

 

 

ストレス

精神的・肉体的なストレスは血圧をあげるホルモンを増やします。
交感神経が活発になり、アドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモン物質が血圧を高める働きがあるんです。

 

喫煙

一見、喫煙と血圧は関係がないように見えます。
しかし、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる働きがあるんです。
収縮した血圧は血圧が高くなり、結果として高血圧になりやすいとされています・

 

 

飲酒

飲みすぎは血圧を高めるとされています。
逆に少量の飲酒であれば、血圧を下げる効果が見込まれます。
しかし、大量の飲酒は交感神経を刺激し、血流を早めることで血圧が高くなる傾向があることがわかっています。

 

 

性格

血圧を上げやすい性格、というのもあるようです。
特徴的なのはまじめ、積極的、意欲的、せっかちといった共通項があります。
ストレスをためやすい性格の方は高血圧になりやすい傾向にあります。

 

もし、あなたが高血圧になりやすい性格であるならば、
まずはできることから対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ヘルケアの副作用の本当のところ


関連ページ

高血圧の状態と仕組みを分かりやすく!
そもそも高血圧ってどんな状態?仕組みを知りたい!そんなあなたのために分かりやすく高血圧を解説します。当ページを読むことでサクッとどんな状態なのか?どういったメカニズムなのかが理解できますよ。もし、あなたや近しい方が血圧高めで悩んでいるならきっと参考になります。
高血圧を放置すると2つの重大な病気の原因に!
高血圧を放っておくと日本人の死亡率24.5%の病気の原因になる可能性が!自覚症状のない高血圧を放置しておくリスクと対策についてお話しします。