意外に知らない高血圧の状態

高血圧

 

「健康診断で上が140、下が90でC判定もらっちゃったんだよね〜」

 

今や50代男性の3人に1人は血圧が高いという統計がでています。
もしかしたら、あなたも血圧が高い!と言われているのはないでしょうか?

 

しかし、意外にも「血圧が高いってどんな状態?」というとはっきりと答えられない方が多いようです。
そこで、当ページでは高血圧の状態と、どんな仕組みなのか?をお話ししていこうと思います。

 

専門的な言葉は使わないので、当ページを見ることで高血圧について簡単に理解できますよ!

 

 

「高血圧」の状態とは?

 

「高血圧」は常に血圧が基準値よりも高い状態
はっきりした自覚症状はなし
動悸・息切れ・頭痛の症状が現れることも

 

血圧が高い、と一般に言われますが、実際にはどの程度の数値で高血圧なのでしょうか?
実は、病院の診察室で測った血圧と、自宅で測った血圧では高血圧の判断基準は違います。

 

病院で高血圧と診断される血圧値

最大血圧:140mmHg以上
最小血圧:90mmHg以上

 

自宅で高血圧と診断される血圧値

最大血圧:135mmHg以上
最小血圧:85mmHg以上

 

なぜ、自宅での数値の方が低いのか知っていますか?

 

その理由は精神的に落ち着いていることが多いからです。
「白衣高血圧」にも代表されるように、やはり病院で血圧を測ると少なからず緊張します。

 

そのため自宅で測った血圧よりも若干高めになるんです。

 

では、病院で測った血圧と自宅で測った血圧、どちらの数値が優先されるのでしょうか?

 

 

病院と自宅、どちらの血圧が優先される?

 

病院と自宅での高血圧と判断される数値は違ってきます。
最大血圧だけでいうと、病院が140mmHg以上、自宅が135mmHgと自宅で測った場合の基準値の方が低めです。

 

では、病院と自宅、どちらの数値が高血圧の判断基準として優先されるのでしょうか?

 

答えは「自宅での血圧」です。

 

その理由は自宅で測った方が病院と比べて細かい期間でデータを集められることにあります。

 

最近ではオムロンなどで有名な簡易的な血圧測定器も手軽に買えるようになりました。
そのため、1日に何回も測ることができますよね。

 

さらに、精神的にも病院よりも落ち着いているので正常な血圧が測りやすくなります。
また、朝、昼、夕など1日のうちの時間帯をずらして測ることもできるので、平均値が求めやすいんです。

 

そのため血圧の判断は自宅でのものが優先されるんですね。

 

 

高血圧の原因としくみ

 

血管の老化による動脈硬化
腎臓の機能低下
血圧を高くするホルモン

 

高血圧とは「慢性的に血圧が高くなる」症状をいいます。
その原因は大きく分けて上の3つです。

 

 

血管の老化による動脈硬化

 

動脈は若いころは柔軟性に富み、血流が増えても血管壁がその勢いを吸収、血圧を高めないようになっています。
しかし年齢とともに血管の壁は傷つき、固くなっていくんです。
固くなっていくと劣化したゴムホースのように血流が増えた際に血管が勢いを吸収できず、結果として血圧が高くなります。

 

 

腎臓の機能低下

 

実は血圧には「腎臓」の働きも影響していきます。
腎臓には血液の中の不要となった水分や老廃物をろ過し、体の中に正常な血液を巡回させる働きがあります。
しかし腎臓の働きが弱まると、血液内の不純物(塩分や水分)のろ過がうまくできず、血液が増えてしまい、そのため血圧が高くなってしまうんです。

 

 

血圧を高くするホルモン

 

「カテコラミン」というホルモンを聞いたことがあるでしょうか?

 

カテコラミンは交感神経の働きが活発になると分泌されるホルモン。
その働きは心臓や血管に作用して血圧をあげることです。

 

カテコラミンが増加する原因は

 

  • 激しい運動をする
  • 精神、肉体にストレスを感じる

ということで活発化してしまいます。

 

慢性的に血圧が高くなる「高血圧」。
一時的な血圧の上昇と違い、放置しておけば下がるということはありません。

 

そのためには毎日の生活の中で少しずつ改善していくしかないんですね。

 

 

>>血圧を下げる方法トップへ


関連ページ

高血圧の90%は原因不明?血圧を下げるための対策
高血圧になってしまう原因の90%は分からない!血圧が高い原因は遺伝的要因と環境的要因の2種類があります。何が血圧を高めている原因なのか?何に気を付ければいいのか当ページを見れば分かるようになりますよ!
高血圧を放置すると2つの重大な病気の原因に!
高血圧を放っておくと日本人の死亡率24.5%の病気の原因になる可能性が!自覚症状のない高血圧を放置しておくリスクと対策についてお話しします。